帯状疱疹は体の片側一部に痛みや発疹が現れる病気です。
原因は以前感染した「水ぼうそうウイルス」によります。
日本人成人の90%以上に帯状疱疹原因ウイルスが潜んでおり、抵抗力や免疫力の低下をきっかけとして、80歳までに約3人に1人が発症するといわれています。
帯状疱疹にかかってしまうと皮膚の症状が治った後も痛みが何か月も残ることがあります。

発症早期に適切な診断を受ければ治療薬がありますが、事前のワクチン接種による発症予防も可能です。
50歳以上の方は予防接種が可能であり、かなり高い予防効果が期待できますので検討してください。

※予防接種の詳細はお問い合わせください。