これからの季節はインフルザと新型コロナウイルスの同時流行が懸念されます。
 今の時点で出来うる最大限の対策を講じて流行に備えましょう。

  • 予防について
  •  既に新型コロナウイルスに対して行っている予防対策を継続しましょう。マスク着用、手指の消毒、うがいを励行し、日常生活では3密を避けます。

  • ワクチンについて
  •  現在新型コロナウイルスのワクチン接種はできませんが、インフルエンザ予防接種は可能ですのでなるべく早めに接種しましょう。
     さらに65歳以上の高齢者は肺炎球菌ワクチンの接種も推奨します。

  • 症状出現時には
  •  受診の判断に迷った場合は、かかりつけ医があれば電話などで相談しましょう。
     また神奈川県が設置する「発熱等診療予約センター」や横浜市の設置する「帰国者・接触者相談センター」の利用も状況により考慮してください。
     インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の症状には明確な違いがありませんので注意してください。

     免疫力の低下が感染の危険性を増加させますので、バランスの良い食事摂取、十分な睡眠など規則正しい生活を保ち体力維持に努めてください。