現在風しんが流行していますので注意してください。

〈風しんは〉

・風しんウイルスの感染後14~21日の潜伏期を経て発症し、軽い風邪症状に首のリンパ節の腫れを伴う前駆期で始まり、発熱と同時に顔面から全身へ広がる発疹を生じる発疹期となり、3日程度で発熱と発疹は改善し治癒に向かいます

・特別な治療は必要なく基本的に予後良好な病気です

・しかし経過中に脳炎、関節炎、血液異常などの合併症が起こることがあります

・また妊娠中に風しんに感染すると胎児に先天異常が起こる可能性があるので注意が必要です

 

感染予防にはワクチンの予防接種が有効です。

ワクチンは麻しんと風しんの混合ワクチン(MRワクチン)を接種します。

お子さんの定期予防接種のほか横浜市風しん対策事業による補助制度もあります。

任意接種を含めて当院で随時接種を受けることが可能ですので詳細はお問い合わせください。