帯状疱疹の発症予防のために、50歳以上の方への水痘ワクチンの予防接種が可能になりました。
 帯状疱疹は過去の水痘(水ぼうそう)罹患時のウイルスが治癒後も体内に潜伏し、免疫力低下により再発症する病気です。
帯状疱疹の発症率は50歳代から急激に高くなり患者の約7割が50歳以上です。
 さらに日本では80歳までに約3人に1人が帯状疱疹になるといわれています。
 帯状疱疹は発症すると発疹や激しい痛みにより日常生活に支障を来たし、更には発疹が治った後も神経痛が数ヶ月~数年続くことがあるといった厄介な病気です。
 発症予防のためにぜひ予防接種を受けておきましょう。

 接種は適宜実施しています。詳細についてはお気軽にお問い合わせください。