視野とは片眼で一点を見つめたときに見える範囲のことで、
 かりに視野異常が生じても初期の段階では自覚症状はほとんどありません。
 その理由は視野の一部に見えない箇所が生じても左右の眼でお互いの視野を
 カバーしてしまうためです。

 緑内障、網膜変性症、白内障などの病気の他に視神経の障害や
 脳の障害でも視野に異常が生じることがあります。
 病気の早期発見のためにも視野検査は大切な検査です。

 検査は20分程度で終わり検査後の生活制限もありません。
 予約は眼科にて行っていますのでご相談下さい。