熱中症の重症度は3つに分けられます。
 1度の症状はめまい、たちくらみ、生あくび、筋肉痛など
 2度の症状は頭痛、嘔吐、倦怠感など
 3度の症状は意識障害、けいれん発作など

 1度は体の表面を冷やしたり水分・塩分の補給などで現場で応急処置をし、
2度以上では医療機関での対応が必要です。
 ただし1度でも必ず誰かが傍で見守り回復しなければ医療機関での対応が望ましいと思われます。

 日頃から規則正しい生活を心掛け熱中症予防に努めましょう。