高血圧状態が継続すると血管が傷つき動脈硬化を起こします。
動脈硬化は脳卒中(脳出血や脳梗塞)、心臓病(狭心症や心筋梗塞)の原因となります。
高血圧は放置せずに治療をすることが重要です。

高血圧の治療には「生活習慣の改善」と「薬による治療」があります。

1.生活習慣の改善
1. 減塩
高血圧での塩分接種は1日6g未満が推奨されています。
可能な限り塩分接種を抑えましょう。

2. 運動
ウォーキングなどの有酸素運動が適切です。
ただし血圧が高い場合にいきなり運動を始めると危険な場合があるので
医師に相談して下さい。

3. 減量
適正体重(BMIで25kg/㎡未満)を維持しましょう。

4. 禁煙
喫煙は単独で脳卒中や心臓病のリスクを高めます。
是非禁煙しましょう。


2.薬による治療
血圧は「血液流量(血管の中を流れる血液量)」と「血管容量(血管の大きさ)」
で規定されるため①血液流量を減らす薬、②血管を広げる薬が高血圧の薬として
使われます。どの薬が適切かは各個人で異なるため医師とよく相談して決定します。


薬による治療を行っていても生活習慣の改善は必要です。
生活習慣の改善により血圧が十分に改善すれば薬による治療を中止することも可能です。
高血圧は症状がないことがほとんどです。日々の自分の血圧を是非確認して下さい。

分からないことがあれば医師に相談して下さい。