緑内障は失明原因の第1位で加齢によって増加しやすい病気です。

徐々に視野が狭くなるのが緑内障の主症状ですが、初期の段階では気付きにくく視界にかすみのようなものが見え始めても、一時的な目の疲れや年齢のためと自己判断し放置しがちです。
積極的に眼科で検査を受けてください。

眼科では非接触眼圧測定装置による眼圧測定や視野検査計による視野欠損の有無確認などの検査を行い診断します。

早期に発見できれば適切な治療により失明を避けられます。

生活習慣病健康診断と同じく定期的な眼科健診もあわせてお勧めします。