生活習慣病(高血圧、糖尿病など)、心臓疾患、呼吸器疾患などのためにいつも飲んでいるお薬は、自己判断で減量したり中止したりせずにきちんと決められた用量、用法で継続服用してください。

 状態が安定していてもお薬の効果が弱まったり、無くなったりすると病状が急に悪化する場合もあります。

 新型コロナウイルスの流行でご自身の体調管理が一段と重要になってきていますので規則正しい生活と正しいお薬の使用で健康状態を維持してください。