私たちにとってもっとも身近な病気である「かぜ」は、はな~のど~喉頭(のどと気管のあいだ)~気管支に炎症が起こる病気です。

 原因の80~90%はウイルス感染です。

 インフルエンザもかぜの一部ですが、原因ウイルスの中でも最も症状が激しく強いものの一つです。

 私たちの周りには常にウイルスが存在していて感染の危険性がありますが、特に体の抵抗力(免疫力)が低下すると感染しやすくなります。

 症状はウイルスの感染する部位によって、発熱(微熱~高熱)、くしゃみ、はなみず、のどの痛み、せきなど様々です。

 かぜのほとんどは自分の免疫力によって改善するので、免疫力を保つために充分な睡眠、バランスのよい食事、水分補給、からだの保温などが重要です。

 症状がつらいときは症状を和らげる薬を使うこともをありますが、あくまでも補助的なものと考えてください。

 しかし、抵抗力の弱い乳幼児やお年寄りまた心臓病、呼吸器病、糖尿病などを持った方は、重症になる危険性があるため注意が必要です。

 経過が心配な場合は早めに医療機関を受診してください。