秋に向けて注意が必要なアレルゲンは多くありますが、特に注意が必要なのはダニアレルギーです。

日本の高温多湿環境では夏の間ダニ虫体増殖が盛んです。

ダニ虫体から出たフンやダニ死骸がアレルゲンとなり夏から秋にかけてはダニアレルゲンが増加します。

そのためダニアレルギーのある患者さんは喘息、鼻炎、皮膚のかゆみなどのアレルギー症状が悪化する危険性があります。

さらにヨモギやブタクサなどの秋花粉飛散も増えるためこちらにも注意が必要です。

早めの受診により早めの予防治療も大切です。

ご自分のアレルゲンを確認出来る検査もありますので詳しくはご相談ください。