5月に入り夏日が多くなっています。
この時期はからだがまだ暑さに慣れていないため熱中症になりやすく注意が必要です。

できれば喉の渇きを感じる前に積極的に水分摂取に努めましょう。
多量発汗時にお茶や水のみの摂取では血液が薄まってしまい「筋肉がつる」などの

症状が出る場合があるので、スポーツ飲料、経口補液の利用や適切な塩分摂取も必要で
す。